とうとう3歳の反抗期がきた!我が家で効果のあった対処法

とうとう3歳の反抗期がきた!我が家で効果のあった対処法

3人きょうだいの、真ん中の男の子は現在3歳。

来月には4歳になります。

 

先月あたりからうすうす気づいていたのですが、どうやら反抗期みたいです(^_^;)

特に出産後にひどくなってしまいました。

 

どうしてもダメなときはダメですが、 反抗されたときの対処がうまくなってきたので、方法をご紹介します。

 

3歳児の反抗期

少し前まで、真ん中君はまだまだ赤ちゃんだなぁと思っていました。

指しゃぶりもまだするし、歩いていてもすぐに抱っこ~とぐずります。

 

ひらがなもまだ読めないし、着替えもママがやっています。

 

やっぱり4月生まれのお友だちと比べると、本当に赤ちゃん!

12月生まれはそんなもんかなぁーと思っていました。

 

それが先々月あたりから急に言葉が増えはじめて、最近はひたすらしゃべっています。

長女の時よりも言葉が多い。

 

上の子ちゃんは黙々と遊んでいましたが、真ん中君は人形を会話させたり、おままごとをしたり、女の子みたいです。笑

 

戦隊ものの戦うシーンを一人で再現したり、眺めていると面白い。

 

こんなに言葉が出るようになったんだとビックリ。

でも言葉が出てきたぶん、反対されることも増えてきました。

 

今日はうどんにしようか~?(うどん大好きなので)

イヤだ、ご飯にする!

 

園服着て~。

やだー、着ない!

 

保育園行くよ~。

行かない!

 

保育園まであと少しだよ!

あと少しじゃない!

 

こんな感じで、面白いぐらい逆のことを言います(^_^;)

意味分かって言ってるのか、ただ単に否定したいだけなのか…

 

反抗期っていうよりイヤイヤ期ですかね?

イヤイヤ期は2歳ごろ、反抗期は3歳ごろというけれど、どっちもあんまり変わらない気がします。。

 

3歳反抗期の対処法

我が家で効果のあった対処法は、抱っこと選択させることです。

 

抱っこ、甘えさせてあげる

出産入院中は全然会えなかったし、退院してからも保育園の送迎は祖母だったりして、ママとの時間が減っていました。

 

3歳だし、まだまだママに甘えたいですよね。

上の子ちゃんも真ん中君もかなりのママっ子です。

 

なので意識して抱っこしてあげるようにしました。

妊娠中は抱っこできなかったですしね。

 

特に何かして欲しい前には抱っこするといいみたい。

トイレに行って欲しいときやお着替え、歯ブラシの前など。

ご機嫌でやってくれるようになります。

 

選択肢を出す

もうひとつは選択させること。

イヤイヤ期のよくある対処法ですが、効果はありました。

 

朝ご飯のメニューもパンかご飯か選んでもらったり、靴下をどっちにするか選んでもらったり。

 

この時のコツは、選択肢を2つにすること。

3つ以上あるとどれもイヤだ!となることが多かったです。

 

選択肢がないときはあえて何も言いません。

言うと否定されちゃうから。笑

 

ご飯しかないときは何も言わずにご飯を出します。

 

あと選択肢がないときは依頼形にするといいそうです。

お着替えしてね。ではなく、お着替えしてくれる?とか、手を洗ってくれる?など。

 

うちの子にはいまいち効果なしでしたが…

依頼形にしても、やだー!と言われて終わりでした(>_<)

 

まとめ

3歳の反抗期の対処法をお伝えしました。

我が家では抱っこと選択肢が1番効果的でした。

 

もちろんこれでもダメなときはダメですけどね。

子供によって合う合わないがあると思いますが、良かったらお試しください♪