妊娠後期のツーンと刺すような痛み【35週】

妊娠後期のツーンと刺すような痛み【35週】

35週に入りました。

やっと産休に入り、毎日だらだらと過ごしています。笑

 

産休に入ってからはお腹のはりも落ち着いているようです。

もう産まれちゃうかも!という危機感はなくなりました。

 

でも妊娠後期、臨月あるあるの症状が始まりました。

 

妊娠後期のツーンと刺すような痛み

 

ときおり、ツーンときます。

ツーンとか、ズキッとか。

 

膣の辺りを刺すような痛みです。

つい「いてててて…」と言ってしまうぐらい。

 

妊娠後期や臨月の妊婦さんはよく感じる症状なんだそう。

1人目と2人目の時の記憶はないのですが(^_^;)

 

赤ちゃんの頭突きによるものなんだとか。

 

出産が近くなると赤ちゃんが下がるって言いますよね。

私はまだ下がってる実感はないです。

 

恥骨のすぐ横あたりで、もにょもにょ胎動を感じます。

手のような気がする。

 

34週の検診はエコーと貧血検査のみでした。

張りが頻繁だと言って、頸管長を見てもらえば良かったなぁと。

 

頸菅長が長ければもっとガンガン動いた方がいいだろうし、短ければもっと安静めにした方がいい。

 

どっちなのか分からないから中途半端に動いています。笑

 

今週末から臨月。

次回の検診では細菌検査があるはずなので、そのときに長さも見てもらえるといいな。

 

できれば子宮口も1センチぐらい開いてるといいなぁと思ったり。

 

 

小さく生んだ方が生むときは楽ですよね。

でも大きい方がそのあとの授乳を考えると楽。

 

赤ちゃんにいつ生まれてほしいか語りかけるといいって聞くけど、いつにすればいいかが決められないんです。

 

だから赤ちゃんの好きなときに生まれてきてね。

できればパパのいるときがいいな。

 

と語りかけることにしました。

 

ツーンとした痛みについては対処法は無いみたいですね。

我慢するしかない。

 

しかも私みたいに妊娠9ヶ月から感じていても、出産が早まるというわけでもない。

 

前駆陣痛と同じですね。

 

出産って本当に人それぞれなんだなぁ。

ひとまず今週はのんびり過ごします。

 

お読みくださりありがとうございました!

▼ポチっと押していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 マタニティーブログ マタニティーライフへ