赤ちゃんの首の下や脇の下が赤い!これに気を付けたら直りました。

赤ちゃんの首の下や脇の下が赤い!これに気を付けたら直りました。

生後3ヶ月の下の子ですが、いつの間にか脇の下や首の下が真っ赤になってしまいました。
赤くただれていて、本当に痛そう…

下の子はだいぶどっしりしてきて、首も二重顎でムチムチしています。
お肉が擦れてただれてしまうのかなと。

清潔と保湿はきちんとやっているつもりでしたが、意識していなかったこともありました。
病院に行かなくても治せたので、今回はただれが治るまでの話をしたいと思います。

赤ちゃんの首の下や脇の下が赤い

動き出す前は、ふっくらしている赤ちゃんって多いですよね。

ハイハイや歩き出すとカロリーを使うのでシュッとしますが、6ヶ月ぐらいまではムチムチ。

おっぱいやミルクだけでよくあんなに太れるなぁと思ってしまいます。笑

 

つまり、首の下や脇の下はお肉が重なっていてシワになっています。

そのシワは洗いづらいので汚れが溜まりやすい。

 

汚れが溜まるとそれが刺激になり、赤くただれてしまうんだそうです。

 

うちの子も、最初は首の下が赤いことに気づきました。

少しジュクシュクしている感じで、痛そう!

でも機嫌が悪いとかでは無いので、何もしなければ痛くないみたいですね。

 

それでもお風呂で洗うときは普段よりもバタバタしていて、石鹸やシャワーが当たると痛いようでした。

 

次の日には脇の下も真っ赤になってしまいました。

脇の下もジュクシュクしていて、一番下に着ている肌着の脇の部分が黄色くなっていました。

 

匂いは嗅ぎませんでしたが、きっと臭いんだろうな。。。

 

赤ちゃんの脇の下のただれの治し方

調べてみるときちんと石鹸で洗い、よく洗い流して、しっかり保湿するのが大事だということでした。

 

下の子は超乾燥肌なので、保湿はしっかりしているつもり。

でも乾燥する顔やお腹中心に塗っていて、脇の下は意識していませんでした。

 

そして、私のケア方法で足りてなかったことがありました。

 

それは、お風呂上がりにしっかり拭いて乾燥させることです。

 

今は2月で冬本番。

寒いからさっと拭いて、さっと保湿して、急いで洋服を着せていました。

脇の下や首の下をちゃんと拭けてなかったんだと思います。

 

水分が残っていると雑菌が繁殖しやすい。

水分が残っている状態で保湿剤を塗っても逆に悪化させてしまうそうです。

 

その事に気づいてから、しっかり拭いて、少し時間を置いて乾燥させるようにしました。

服を着せる前に一呼吸置くようにしたら、ジュクジュクも良くなってきました。

 

首の下は日中もシワを広げて汚れを拭き取ったり、風を通すようにしたらすぐに良くなりました。

 

脇の下も同じ。

日中も意識して拭いたり、手を伸ばして風を通したりして、少しずつ良くなってきました。

 

首より時間はかかりましたが、脇の下も治りました。

 

ちなみに保湿剤はいつもと同じものを使いました。

アロベビーミルクローションです。

アロベビーミルクローションを乾燥肌の赤ちゃんに使った結果は?良い点悪い点も口コミします。

 

夏じゃないのに、なぜあせもみたいになってしまったのか不思議でした。

冬は寒いからこそ着せすぎたり、お風呂上がりのケアが雑になってしまうから首の下や脇の下が赤くなってしまうこともあるんだなぁと。

 

まとめ

首の下や脇の下が赤くなったら、この方法で治すことができました。

・お風呂でよく洗う

・石鹸はしっかり洗い流す

・水分をきちんと拭き取る

・保湿する

 

今回はセルフケアで治せましたが、治らないようなら病院に行くつもりでした。

もしこれで良くならないなら小児科や皮膚科に行ったほうが良いと思います。

 

参考になればうれしいです。