妊活におすすめの果物はいちご・りんご・アボカド!

妊活におすすめの果物はいちご・りんご・アボカド!

お越しいただきありがとうございます。

妊活中ののぞみです。

 

たぶん、高温期に入りました。

たぶん。笑

 

私、妊活中ですが、基礎体温を測っていないんです。

 

めんどくさいし、測ってもあんまり綺麗なグラフになったことないし、測ってても排卵日が分かるわけじゃないですよね。

 

 

でも、朝目覚めたときに体がポカポカしてます。

肌も乾燥して口元も粉ふきいもみたい。。。

 

高温期だなぁ、と。

 

ちゃんと排卵したのかな?

着床してくれるのかな?

 

と待ちきれない気持ちで一杯です。

 

今日は妊活におすすめの果物をまとめました。

結論としては、いちご、りんご、アボカドがおすすめ!

 

冬はいちごが旬でいいですね。

ちょっと高いけど、おやつに食べたら美容にも良さそうです。

 

妊活におすすめの果物

いちごは葉酸が多いフルーツ

苺にはビタミンCと葉酸がたっぷり含まれています。

葉酸サプリのご紹介の時にも言いましたが、葉酸はビタミンCと一緒にとることで、吸収率がアップするんです。

 

ちなみに、フルーツの中で1番葉酸が多く含まれているのは、ライチです。

ライチは、100gあたり100μgの葉酸が含まれています。

 

いちごは2番目。

100gあたり、90μgの葉酸が含まれています。

 

ライチの方が多いけれど、なかなか買う機会が無いですよね。

スーパーで売ってるとこなんて、見たことないし。

それに比べて苺は冬になればいつでも手に入ります。

しかも美味しいですよね。

 

苺は3粒で1日のビタミンC摂取量をカバーできるそうなので、朝出掛ける前に食べれば日焼けも予防できます。

 

デメリットは少し高いこと。

さすがに毎日は買えないなぁ。

 

りんごは体を温め、抗酸化作用あり

りんごも冬の果物ですね。

妊活のためには体を冷やさないことが大切なので、体を温める冬の食べ物、果物がおすすめなんです。

 

りんごは冬の果物の代表といえるぐらい、種類も豊富だし、なにより安くて助かります。

もちろん、栄養は皮との境目に多く含まれているので、食べるときは皮つきで。

 

リンゴは抗酸化作用もあるんです。

妊活の敵の活性酸素と戦ってくれて、細胞の老化を予防することができます。

その他抗酸化作用があるのは、ポリフェノールが豊富な赤ワインや、ブロッコリーやほうれん草など緑黄色野菜、アボカドなどです。

活性酸素についてはこちらの記事でご紹介したので、読んでみてくださいね▼

妊活中低温期の過ごし方は?おすすめの食べ物など

 

リンゴは子供たちも大好きだし、お腹すいたときに食べるとお腹一杯になれます。

現代は一年中ありますが、やっぱり冬のが美味しいですね!

 

アボカドで女性ホルモンの分泌アップ

アボカドには女性ホルモンの分泌をアップさせるビタミンEがたくさん含まれています。

世界一栄養価の高い果物としてギネスに認定もされているそう。

 

森のバターとか、食べる美容液とも言われているぐらい、女性におすすめの果物です。

甘くないのでお菓子のかわりにはならないけど、切ってお醤油をかけるだけで美味しい。

よく夕飯のおかずになります。

 

アボカドも安くて、我が家には嬉しい!

私は半分に切って、スプーンですくうようにして実を取り出しています。

手軽に食べれるので重宝しています。

 

食べ頃がちょっと難しいんですよね。

固いと青臭くて美味しくないし、熟しすぎちゃうと黒い筋が出てきてこれまた美味しくない。

 

アボカドのてっぺんが少し柔らかくなったぐらいが食べ頃です。

柔らかさの判断は、買って訓練していくしかないです。

 

アボカドは妊活中必須の葉酸も含まれています。

 

ちなみに、ビタミンEで分泌が増えると言われている女性ホルモンはエストロゲンです。

エストロゲンは排卵前の低温期に増えるホルモンなので、低温期に積極的に食べるのがおすすめです。

 

また、男性がアボカドを食べると精巣の機能を高め、妊娠の確率をアップさせてくれるそうなので、旦那さまにも良いんですね。

うちの夫はアボカド嫌いですが。。。

 

なんとなく、アボカドって女性は好きだけど、男性は嫌いな人が多いかも?

なぜですかね~?

 

妊活と果物 まとめ

妊活におすすめの果物をご紹介しました。

なるべくリーズナブルでどこでも買えるようなものを集めてみました。

ぜひ、スーパーに行ったら買ってみてくださいね!