つわり対策で本当に効いた意外な方法ベスト5!

つわり対策で本当に効いた意外な方法ベスト5!

お越しいただきありがとうございます。

のぞみです。

 

まだまだつわり、終わってくれません。。

この前2回目の妊婦検診に行ったりしたので、それも思い出して記事にしたいのですが、気力がない。。。

 

通勤中はひたすら、つわり対策やつわりを軽くする方法について調べています。笑

 

つわりを軽くする方法として結構たくさんありますが、その中でも私が本当に効果を感じて実践している対策をお伝えします。

 

つわり対策のおすすめベスト5

なるべく一般的でなくて、私のつわりに効いた方法を集めました。

 

ちなみに私のつわりの種類についてお伝えしておくと、

 

基本食べづわり。

ポテトやポテトチップス、おせんべいが食べたい。

食べてる間だけは気持ち悪くないけど、食後は辛い。

ご飯も朝は食べれたりするけど、お味噌汁は×。

 

つらいけど、食べれるから、まだマシな方なんでしょうね。

ではでは、ベスト5です。

 

1、飴をなめる

私のつわりで一番効果があったのは飴をなめることでした。

1位は一般的な方法でごめんなさい><。

 

味はレモン味がいいです。

VC3000のど飴とか、不二家のレモンスカッシュを常備。

 

私は特にご飯の支度中、通勤電車、お風呂中に吐き気が強くなります。

その間になめてると最悪の状態になるのを防げました。

 

有名なつわり対策として、生姜をとるというものがあります。

生姜は吐き気を軽減してくれるそうでして。

 

生姜の飴なら一石二鳥かと思ったのですが、私はダメでした。

不味くて。

 

デメリットとしては口の中が荒れること。

口の中の上の部分がボロボロになって痛いです。

だから常になめることはできないんです。

吐き気が強まるタイミングとか、仕事中で食べ物は食べにくい、という場合に飴を使っていました。

 

レモン味ピュレグミなどのグミも良いのですが、すぐに無くなっちゃう(噛んじゃう)ので、飴の方が良かったです。

 

 

2、野菜ジュースを飲む

つわりで気持ち悪いと、つい水分を飲むのをためらってしまいませんか?

飲みたい気分じゃないけど、飲んでみると意外とスッキリします。

 

妊婦にとって水分補給はとっても大切です。

 

赤ちゃんは羊水の中にいます。

水分が足りないと羊水の量が減ってしまうこともあるそうです。

 

また、妊娠中は赤ちゃんに栄養を届けるために、血液量が増えます。

血液はほぼ水分なので、水分をきちんと取ればサラサラの血液になり、赤ちゃんに栄養を届けられます。

水分不足だとドロドロの血液になり、赤ちゃんに栄養が届かないかも・・・

 

つわり中でも水分は頑張って飲んだほうがいいんですね。

 

炭酸水が有名だけど、私が意外に良かったのは野菜ジュース。

「1日分の野菜」などのドロドロの濃いタイプ。

とても飲めないんじゃないかと思っていたのですが、私には効きました。

 

お腹にもたまるし、トマト味で飲みやすくて、美味しいです。

しかもビタミン系も普通のジュースよりは摂れますよね。

 

逆に水分をあまり飲まなかった日は、夜にひどい状態になりました。

水分を飲めないぐらいつわりが重かったのか、飲まなかったからひどくなったのか、どっちが先かわからないですけどね。

 

飲みたくなくても飲んでおくと、つわりの悪化を防ぐことができるのかなぁと。

 

 

3、バナナを食べる

バナナ、本当におすすめです。

1日に2本ぐらい食べちゃうこともあります。

消化がいいので、食べても食後に気持ち悪くならない!

 

しかもつわり軽減に効果があるといわれているビタミンB6も多く含まれているんです。

 

私は朝調子が良いのですが、朝起きた時に空腹で気持ち悪い、という方も多いらしいです。

バナナを寝る前に食べておくと、ちょっといいかもしれません。

 

バナナに含まれるアルギニンと呼ばれる栄養素は人間の体に吸収されると、「オルニチン」という成分に変化します。

 

オルニチンを就寝前に取ることによって「成長ホルモン」の分泌が促進されるんだそうです。

 

成長ホルモンは肌の再生を行ったり、アンチエイジングの効果もありますが、やっぱり赤ちゃんの成長にも関わってきます。

 

何より一年中、安く手に入るのが嬉しいですよね。

つわり中はイチゴがいいとか聞くけど、冬しかないですもんね。

 

 

4、葉酸サプリを飲む

葉酸サプリ、ちゃんと飲んでますか?

私はつわりが始まってからサボってしまう日も何日かありました。

 

でも、飲まない日はやっぱり体調が悪くて。

それに気づいてから毎日規定量を飲むようになりました。

 

葉酸サプリには、葉酸だけでなく、鉄分・カルシウム・ビタミン系など妊娠中に摂りたい栄養はほぼカバーされています。

もちろんビタミンB6もほとんどの葉酸サプリに含まれていますよね。

 

なのでつわり軽減にも効果があるみたいです。

葉酸サプリを飲もうとすると、必然的に水分も飲むことになるので、それもいいのかもしれません。

 

つわり中の葉酸サプリは粒の小さいmiteteがおすすめです。

 

▼miteteの口コミレビュー

【mitete葉酸サプリの口コミ(AFC)】成分は安全?おすすめの飲み方は?

 

私は中期に備えて、別の葉酸サプリも購入してみました。

こちらも飲み始めたらレビューしますね。

 

▼メルミー葉酸サプリ

 

 

5、食事の支度中はマスクをする

私は朝よりも夜の方がつわりが悪化します。

疲れなどもあると思いますが、夜はどうしても料理を作るので、その匂いで吐き気が強くなってしまいました。

 

でも子供たちがいるので、食事の準備をしないわけにいかないし、毎日お惣菜というわけにもいかないですよね。

一人目のときは夫に何か買ってきてもらえばいいや、と諦めていられたんですけどね。

 

なので食事の準備中はマスク必須です。

マスクをつけると匂いが和らぎ、少しはマシになりました。

 

あと通勤電車のなかや、お昼時夕飯時の住宅街も匂いが漂ってくることがあります。

風邪予防にもなるし、顔色が悪いのを隠せるので、外出時にもマスクはおすすめです。

 

 

 

つわり対策 まとめ

ということで私のつわり対策についてまとめました。

つわりって本当に人それぞれですよね。

 

私は3回とも食べづわりなので、吐きづわりがどんな感じなのか分からないんです。

吐きづわりって吐けば楽になるのかな?

それはそれでいいなぁと思ってしまうのですが。

 

食べづわりって、食べないと気持ち悪いし、食べても気持ち悪いんですよね。

空腹にならないように、かつ、たくさん食べ過ぎないようにして、ある程度の気持ち悪さをキープさせる感じ。笑

 

つわりはずっと続くものではないし、きっとあと少し!

そう思って頑張ります。