妊娠線予防に、miteteのマタニティクリームがおすすめ

妊娠線予防に、miteteのマタニティクリームがおすすめ

妊娠9ヶ月ののぞみです。

 

3人目の妊娠ですが、今のところ妊娠線は出来ていません。

 

4ヶ月あたりに少しかゆみがあったり、

急激にお腹が大きくなったり。

 

ヒヤヒヤすることもありましたが、大丈夫でした。

 

臨月になると、もう前には出ないのかなと。

下に下がるって言いますよね。

 

今回使っているのは、miteteというブランドのマタニティクリームです。

コスパ的には1番だと思うので、口コミします。

 

妊娠線予防にmiteteのマタニティクリーム

 

届いたところ。

 

miteteのマタニティクリーム

 

クリームとパンフレット、サンプルセットが入っていました。

 

良いところ

まずは安いこと。

 

妊娠線対策用のクリームやオイルって結構お高めです。

プチプラのニベアなどを使っている方もいますが、私にはそれじゃ足りなかったみたい。

 

専用のクリームの方がやっぱり保湿力は高い。

かゆみも収まりました。

 

そして、定期購入じゃないところ。

これはmiteteの葉酸サプリと同じですね。

 

定期購入は買い忘れを防げるけれど、最初からは抵抗がある。

3回は継続してください、などの縛りがあるところもあります。

 

miteteは単品購入でも高くないです。

もちろん定期購入の方が安くなります。

3本セットで20%オフ。

 

でも初回は単品で試せた方が安心ですよね。

 

もう一つのおすすめポイントは、葉酸が配合されていることです。

 

私は妊娠線ができなかったので分かりませんが、できてしまった妊娠線も薄くなるんだそう。

葉酸が肌の成長を促し、元どおりのツルツルお腹に近づくことができるとのことです。

 

クリームが黄色っぽいのは葉酸の色なんだそうです。

miteteの妊娠線対策

 

悪いところ

悪いところってあんまり思いつかないです。

 

香りも柑橘系でいい香りだし、伸びもいいです。

 

でも香りは好き嫌いがあるかもしれません。

ネロリというアロマの香りです。

手についたクリームの匂いを嗅ぐと、草っぽい香りが残っています。

 

3本セットで安くなります。

余ったらもったいないなぁと思っていましたが、

赤ちゃんにも使えるので、多めにまとめ買いしても大丈夫。

 

 

妊娠線予防はいつから?

妊娠線は一度できてしまったら消えないと言われています。

薄くすることはできるそうですが。

 

miteteのマタニティクリームは、できてしまった妊娠線にも効果があると言われています。

薄くなったという口コミも見たことがあります。

 

でも、できれば作りたくないですよね。

 

じゃあいつから妊娠線予防を始めた方がいいのかというと。

 

お腹が本格的に大きくなる前の、妊娠5ヶ月あたりからクリームで保湿するのがいいと思います。

初産なら6ヶ月ぐらいでもいいかも。

5ヶ月だとほとんどお腹が出ていないという人もいるので。

 

お腹が大きくなる時に、伸びが追いつかなくて妊娠線(肉割れ)が起きてしまうんですよね。

だから、お腹が大きくなる前に保湿して、伸びを良くしておくのが大事。

 

もし、私みたいにかゆみを感じたら、すぐに塗り始めた方がいいですよ〜。

かゆみは妊娠線の前兆だと言われています。

 

妊娠線かも!?お腹がかゆい

 

クリームとオイルだったらどちらがいい?

妊娠線予防の商品には、タイプがいくつかあります。

 

クリームタイプ

オイルタイプ

ローションタイプ

 

初期はローションタイプでもいいかもしれませんが、やっぱり保湿力は低め。

ローションよりはオイルかクリームがいいと思います。

 

私が好きなのはクリームタイプ。

オイルタイプはベトベトして、服がくっつく感じがするので苦手です。

 

クリームタイプなら水分と油分がバランスよく含まれています。

お風呂上がりに塗れば1日中しっとり感が続いてくれる。

 

気になる方はW使いがいいそうです。

 

塗る順序はクリーム、オイルの順番。

オイルで蓋をするイメージです。

 

 

まとめ

miteteのマタニティクリームの体験レビューでした。

なるべく安くて、効果の高いもの、というポイントで探すとmiteteが1番だと思います。

 

▼販売店はこちら

 

▼miteteの葉酸サプリもおすすめ

【mitete葉酸サプリの口コミ(AFC)】成分は安全?おすすめの飲み方は?